美味しいタラバガニを選びたい方注意して下さい

美味しいタラバガニを選びたい方、注意して下さい。
選べるなら、オスの方が美味しいのです。メスは卵を抱えているため、栄養分はそちらに行ってしまいます。タラバガニならここ、とも言える脚肉を味わいたいと思えばどう考えても雄の方が美味しいのです。念のため、甲羅のまんなかに縦2列で並ぶ突起の数を確認しましょう。正真正銘のタラバガニは、突起が6つありますが、万が一、突起が4つしかなければ、それはアブラガニなのです。
タラバガニと信じて買わないで下さい。かにをお歳暮にしよう、と考えた方、ここだけの話、注意して欲しいことがあります。
それはただ一つ、店頭には多くのかにが並んでいるでしょうが、手間を惜しんで店側に選ばせてしまうのはいけません。
かにの選び方に自信が無い為ですが、向こうがプロだからと安易に任せてしまうと、店が早く処分したい品を選ぶかも知れません。
お歳暮のかにには特に念を入れて、実績のあるところから買うことを勧めます。「紅ズワイガニ(メスはオスの半分ほどの大きさで、オスとメスで別の名前がつけられていることも少なくありません)?おいしくない」ともっともらしく言われますが果たしてどうでしょうか。
紅ズワイガニ(メスはオスの半分ほどの大きさで、オスとメスで別の名前がつけられていることも少なくありません)を食べたとき、他のかにより美味しいと思ったことがないなら美味しい紅ズワイガニ(メスはオスの半分ほどの大きさで、オスとメスで別の名前がつけられていることも少なくありません)を味わったことがないだけだと思います。新鮮な紅ズワイガニ(メスはオスの半分ほどの大きさで、オスとメスで別の名前がつけられていることも少なくありません)の味と言えば、実に美味しいかにです。新鮮でないとおいしくないのも事実でおいしくないと思われているのかも知れません。
北海道の毛ガニは蟹味噌が濃厚で好まれている蟹ですが大きさに着目してみると、他の蟹と比べて小さいために、誤った選び方をしてしまうと、身が詰まっていないものを選んでしまうことがあり美味しくないです。
ならば、美味い北海道の毛ガニの見分け方はどういう方法なのでしょう。
ネット販売でなく、直接購入するときには、重さをポイントにしてより詰まっているものをチョイスすればよいですが、通信販売で買う場合は、品質管理をきっちりと行っており、過去の実績のある販売元を見極めることが、大事なこととして挙げられます。毎年楽しみにしている蟹の季節がやってきました。何より蟹が大好きな私。新鮮で美味しい蟹を味わうために、長期の休みを使って北海道へ飛ぶのが、ここ数年の習慣になっているのです。
中でも気に入っているお店は、昔からの知り合いのお店でもある、函館にある蟹専門店です。
他では味わえないような、新鮮さを活かした蟹料理の数々に存分に舌鼓を打つことが出来るでしょう。
もうすぐ今年もその店を訪れることができると思うと胸が躍ります。
セコガニは大変珍しいかにで、松葉ガニのメスのことです。
メスしかいないので、松葉ガニより大きさは小さいことが多いですが、この時期にしかない卵がぎっ知り入っていておいしさもひとしおなので、セコガニの熱心な愛好者がたくさんいるのです。
市場に出回るのは、ごく短い期間です。
わずかに11月から1月の間と漁の期間は決まっているので珍重されるのは当然です。
蟹ネット販売では実に様々な種類の蟹を買うことが出来るでしょう。中でも選んでおいてまずマチガイがないのは、水揚げ後すぐに茹で、新鮮なまま冷凍した蟹です。一見、冷凍より生の蟹のほうが美味しいと思うでしょうが、鮮度においては冷凍の蟹に優っていても、素人には捌きづらいというデメリットも抱えています。それに蟹を茹でるのは大きい鍋が必要だったりして、無用な失敗の持とですので、その手間がかからない、ボイル済の冷凍蟹を買ったほうがいいと私は思います。